g300s

BF1などのFPSゲームをプレイするなら絶対に用意しておいたほうがいいと言われているゲーミングマウスの一体なにがいいのか調べました。

さらに実際に買って良かった点、悪かった点もご紹介します。

有線・無線のメリット・デメリット

ゲーミングマウスは大きく『有線』と『無線』に分かれます。

有線・無線はどんな人に向いているのかネット上で言われているメリットとデメリットをまとめました。

有線 無線
メリット ・価格が安い
・電池が必要ないから軽い
・ケーブルがないのでスッキリしている
・ 持っている人が少ないので愉悦感にひたれる
デメリット ・ケーブルが邪魔 ・価格が高い
・電池が必要
・電池が入っているので重い
・突然の電池切れでプレイ中反応しなくなる

以前は無線のマウスは有線に比べ性能が劣っていたようですが、今はどちらも変わらないようです。ただ無線は価格が1万円近くするほど高いので限られた人しか持っていない印象を受けました。

ゲーミングマウス入門には有線のG300sは安くてオススメ

g300s

amazonのゲーミングマウス部門で一位を獲得している有線タイプのゲーミングマウス『G300s』を買い半年が経過したの良かった点・悪かった点をご紹介します。

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

  • 9個のプログラム可能なボタンを搭載
  • 対応OS: Windows 8、8.1 / 7 / Vista
  • 保証期間 : 2年間

※ Windows 10でも問題なく使えるようです。

左・右クリックボタン横の4つのボタンがヤバイ!

g300s

G300sには7つのキーボードのキーを割り当てることができるボタンがついています。

はじめは人差し指・中指の横についている①~④の4つのボタンが使いにくくないか心配でしたが1日もかからずに使いこなせるようになりました。

さらに使ってみて4つのボタン配置が絶妙であることが分かり感動しました。

このボタンは指をスライドさせるだけで押すことができる=意識せずボタンを押せる

装備キーを割り当てれば、流れるような切り換えができるのでメイン武器が弾切れの状態で突然あらわれた敵にもすぐにハンドガンに切り換えて楽に撃ち勝つことができます

キーボード操作のときにテンパって敵にメディキットを投げるなど情けなくて落ち込みようなプレイは起きなくなりました。

今では応戦しながら素早い蘇生もできるようになったので「ありがとう」と感謝されることが増えました。

一部の人には使いづらいかも

G300sはサイズが小さいので手の大きい人には小さすぎて使いづらいという口コミがありました。

ゲーミングマウスは耐久性が優れている

G300sと普通のマウスとの違いは色々ありますが特に優れているのが『耐久性』です。

すでにFPSゲームをプレイしている方ならご存知だと思いますが、右クリック・左クリックの消耗が激しく普通のマウスではすぐにクリックボタン、特に押しまくる左クリックの反応がおかしくなります。

例えるなら家庭用ゲーム機のコントローラーのボタンの反応が鈍くなる現象と似ています。

以前使っていた普通のマウスは2ヶ月で反応が鈍くなりましたがG300sはまったく問題なく使うことができます。

価格は普通のマウスより高くなりますが寿命を考えると大変コストパフォマンスに優れたマウスだと思います。

ロジクールはサポートがすごい

いくら耐久性が優れていても所詮は消耗品なのでいつかは壊れます。

もし壊れたのがロジクールの保証期間内であれば、なんと保証期限内(保証期限は2年)であれば新品と交換してくれます。(保証書必須)手続きも簡単。

あまりの神対応に、

「本当にロジクールはこれでやっていけるの?」

口コミで心配されるほど。

もしアナタが性能だけでなくサポートもしっかりした会社のマウスを使いたいならロジクールの『G300s』はおすすめです。

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

  • 9個のプログラム可能なボタンを搭載
  • 対応OS: Windows 8、8.1 / 7 / Vista
  • 保証期間 : 2年間

※ Windows 10でも問題なく使えるようです。